プロフィール
タカハマ物語
profilephoto

●このドラマ作りの考え

地域の将来を担っていくのは、若者、とりわけ子供です。
この度のドラマづくりで、子供たちに社会活動とのかかわりによって、
自ら考えて行動し、高浜について知り、愛着をもち、
自慢できるまちをつくっていくきっかけを与えます。
ドラマづくりは、主役からエキストラ、裏方まで子供から老人まで、
多くの市民が関わることができます。

子供たちは参加することによって、
先輩や地域の人と多くのかかわりを持ち、
貴重な経験をすることができるでしょう。
また、将来の職業選択の指針になる発見もあるでしょう。
そして何より「自分達のドラマ作り」となり
「絆」や「自慢できる高浜」につながっていきます。
高浜を「地面」とするなら、子供たちはその「根っこ」です。
大人であるわたしたちは「根っこ」を育てていきます。

●ストーリー

主人公の中学生のグループが中心になり、
鬼瓦で太鼓を作ってコンサートをやろうと計画。

温かく見守ってくれる人、協力してくれる人、
そして、反対、対立する人などまちの人の反応は様々。
真剣に生きれば生きるほど悩み衝突もします。

でも、その心はひとつ。

みんなこのまちが好きで、このまちを元気にしたいのです。

「一生懸命な熱い鬼が住むまち、高浜。」をコンセプトに
鬼瓦だけじゃない、
あしたの高浜の“鬼”をつくるため、
はじめの一歩を踏み出すドラマです。

●今後の制作・企画について

初夏までかけて基本的には土日に、高浜市内の各所で撮影していきます。

最後のメインシーンについては大きなコンサートを行う予定で、
5月に撮影をしようと現在企画中です。
たくさんの方にお声をかけさせていただき、
大人数での撮影を予定しております。

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM